smile

故人の私物を整理

縁側

家族の誰かが亡くなったとき、その故人が住んでいたところの遺品整理を行なう必要があります。遺品整理はその故人が大事にしていたものや、使っていた家財道具などを残すか処分するかを判断するものです。今までは親族内で行なっていた行為でしたが、近年では遺品整理の専門業者が増えるほど、多くの人が遺品整理を専門業者に依頼しています。そのサービスを利用するときには、まず専門業者に依頼の電話やメールをします。そこでどういった作業を行なって欲しいのかを相談して、見積もりを出してもらいます。そして実際の状態を見てから、詳しく内容説明やきちんとした見積もりを出してもらい、その専門業者に依頼するのかどうかを検討します。検討後に問題なければ本契約となります。

その遺品整理の当日は、部屋にある故人の持ち物を形見なのか、供養すべきものなのか、あるいは処分すべきものなのかという形で専門業者に分けてもらいます。もし処分ではなくまだ使用出来そうなものであれば、専門業者によってはリサイクル品として買取ってもらえることもあります。そして持ち物の仕分けが出来たら、契約内容によっては部屋の最終清掃もしてもらえます。どうしても賃貸住宅の場合、早めの退去が求められますが、清掃まで行なってもらえるのであればすぐに退去手続きをすることが出来るので便利です。その後大事な貴重品や写真といったものを確認して、終了となります。供養すべきと判断したものに関しては遺品整理の専門業者で供養までしてもらえることがほとんどとなっているのでその点も安心です。忙しくて整理が出来ないという人にとってはとてもいいサービスとなっています。

遺品整理をお願いする

箱

故人の遺品整理は、業者へ依頼することでスムーズに行えます。費用は部屋の大きさや業者によって異なり、いくつかの業者へ見積もりを依頼すると良いでしょう。また、清掃や買取のサービスを行なっているかも選ぶポイントです。

Read More...